読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春告げ鳥

  • ねこを見た

猫が好き。

でもわたしは猫から嫌われる人種である。家族に猫アレルギー持ち(猫好き)がいることを考慮し、猫との接触は声や身振り手振りのみ。

虎猫を見た。うすい虎柄、でもがっしりもっふりした体型。おそらく♂。前に見た個体と同個体であればおそらくではなく♂。こちらの進行方向にいたため、あちらがうわっという顔をした後にしぶしぶルートを変更して行った。こういうことは非常に多いが、たいへん申し訳ない気持ちになる。猫マナーのできる人間になりたいもの。

三毛猫を見た。しっかりとした濃さの三毛で、残念ながら四足で立っている後姿を見ただけである。それでも猫のかわいさは減らない。増えるのだ。

 

  • 空飛ぶベッド

家族がDQ10をプレイしている。のを見る。ときどき。

ドルボードでの移動最中のBGMを変えることができるらしい。

空飛ぶベッドであった。たいへんなつかしい。わたしの子供の頃の思い出である。レベル上げに失敗して結局クリアはできていないゲームだが、サウンドトラックを購入し何度も聴いた。

オーケストラのアレンジが変わってない(同一曲?)、なんて懐かしいんだろ。

DQは全シリーズを知っているわけではないが、おどろおどろしい所のある音楽が大好きだ。スライム相手に瀕死になるのではないかとこちらがびくびくする、この先に強敵が急にあらわれやしないかとどきどきする怖さと、うっとり聴き入る優雅さが両方とも入っている音楽。

 

茶色く丸いつぶが先についた枝が、よく見たらつぼみになっていて、そのつぼみは黄緑とピンクのつぼみであって、既に咲き始めた姿が見えていた。

この樹も春の花だったのか、と気づく日々。

 

  • ほけきょ

現在住んでいる場所は春~夏にかけて鳥の鳴き声で朝目覚めるときもある。

鳥の声で目覚めるってきっと優雅やろうなと思っていたが実際はまあ、どうだ…

数日前、朝の支度をしているとうっすら開けた窓から「ほーほけきょ」の声がわりと近くから聞こえた。

こちらの姿も、あちらの姿も見えない。けれど音、声だけは聞こえるのだ。

ああこんな時期なんだ、冬の頃は一切聞かなかったなあと思って、いい加減な音程としゃべりで「ほーほけきょー」なんて鳴いてみた。

するとこたえるように外からも「ほけきょ」が聴こえる。

続けて鳴くと、さらにまた。

まねっこをしていると言っても、鳥の方が何段も上手のしゃべり。

わたしの思い込みだろうか。少しそうやって言い合いっこをした。その後はごはんやら他の支度をせねばならなかったので窓のある部屋から移動したのでわからない。

鳥の生態を知っていれば「ほけきょー」は決して遊びで言っていいものではないと思う。思うが案外たのしい。