最近の贅沢

  • たまの贅沢

と称しているもの。
あらかじめ切ってある刺身を買って帰り、それ用に合わせたタレに数十分~二時間ほど漬け込む。
あつあつのごはんを丼に盛って、そこにツマをのせた上に漬けた刺身を並べ、最後に上から余ったタレをかけていく。好みでわさびも。
エッセイ本、南極料理人で豪華な漬け丼のレシピを知ってから、たまに刺身を買ってくるときは、漬け丼の日。

 

  • ファンタスティックビースト

某サービスに加入しているおこぼれで観た。
どんな内容なのかあまり事前調査をせず、ただ映画に収録されている内容だけをたのしむというスタイルで観た。
スキャマンダー先生が、現実の生物学者たちと同じで人間<魔法生物でとても嬉しかった。
映画に登場するオリジナルの生物というのは大概が不気味の動きをすることが多かったけど、この映画に登場する魔法生物はみんな何の不気味さもなく、むしろかわいい。
本編のあとに流れた制作サイドのインタビューや制作秘話で、実在している動物を意識したこと、スキャマンダー先生役が獣医(だったと思う)などに話を聞きに行ったこと、それらが集約されているから、不気味さがないのだとわかった。

 

  • 猫の通勤ラッシュ

目の前をさっと通り過ぎる、しっぽが短く、ぼきぼき折れてる、三毛猫。
家と家の間の、細い道(住人が勝手口から表に出る道と思われる)の奥に行ってから、ふとうしろを振りかえる。
そういうものを見た。

 

  • 銀座に行った

銀座は数回だけ、しかも目的の場所以外には行ったことがない。
いつかあこがれの銀ブラをしてみたい。
ということで先日、銀座に行った。目当ては資生堂だったけれど生憎改装中。化粧品など商品は売っているということで前から気になっていた香水を見た。
セルジュ・ルタンスの香水。
わたしは以前、このブログでセロファンの月と書いた。
そしてセロファンの夜を選び持ち帰って、いま手元に置いてある。
セロファンとは月のことではないだろうけれど、おやと思っていまこうして書いている。
さて、香水というとなかなかついて取れないほど濃い存在感のあるものが香水だと思っていたが、このブランドの匂いは空気のように存在し、つけている人に一体化することを望むかのようなそういった形の上品な薄さを感じた。
複雑すぎるわけではないから求める香りを探しやすいし、アロマテラピーの感じもある。
大半のものに香辛料が調合してあるのも特徴的。
上記のセロファンの夜以外では、
ラフィーユドゥベルラン(ベルリンの少女)
ダンブロン(ブロンドのスエード革)
グリクレール(淡いグレー)
ラルリジューズ(修道女)
ローセルジュルタンス(ルタンスの水)
このあたりが気になった。